市町村の公共施設の運営に関する 調査研究

多くの地方自治体における公共施設マネジメントの推進策についてここ2、3日じっくりと学んでおりました。
公益財団法人 東京市町村自治調査会);##

小金井市の隣にあるシンクタンクである公益財団法人 東京市町村自治調査会は平成25年3月に「市町村の公共施設の運営に関する 調査研究」を報告されております。

その報告書にはの縦割り行政を乗り越えて全庁的な組織作りと合意形成の重要性を指摘している。

福祉会館建設について議会で審議されたときには公共施設マネージメントの担当課である企画政策課長は地域福祉課に対して主導的な働きをしていないことを答弁している。

前回のブログで福祉会館内の機能を検討する以前に都市計画や財政を含めた検討をする必要性を述べた。

市町村の公共施設の運営に関する 調査研究では
公共施設マネジメントの入口戦略として、まず「マネジメント組織の整備」が挙げられる。 公共施設マネジメントとは、経営資源としての公共施設の全体的な最適化と同時に、各公 共施設が関わる政策目標の実現に貢献するものでなければならない。

しかし、既存の“タテ 割り組織”構造における施設管理では、こうした組織横断的な要請に十分に対応できない場 合が多い。

そこで、公共施設マネジメントを担う横断的な組織を設置することで、財政面、 情報管理面、技術面における等の全庁的なマネジメントの最適化を図るとともに、各所管部 門の政策方針と公共施設のあり方との総合調整を推進することが重要である。
と記載されている。

公共施設マネージメントを取り巻く行政内及び議会の取り組みは今回の福祉会館建設計画で最善の姿を示すいいチャンスと思われますが。

公益財団法人 東京市町村自治調査会とは東京都及び多摩地域の市町村で構成され各市町村から研究員を派遣し数年間特定の調査研究を行う。


Tag: 福祉会館問題 公共施設マネージメント
福祉会館問題の関連記事



公共施設マネージメントの関連記事

672

コメント

  • 文京区のシビックセンター

    先日、文京区のシビックセンター26階のスカイホールというところに行ったら、下の階に区役所が入っていてびっくりしました。一時保育所、シルバーセンター、一般のカフェや「レストラン椿山荘」まであります。まさに官民一体型の施設です。後楽園駅から地下道で繋がっている”駅近”です。駅の近くという立地は市民の為にも有効に使われなければいけないという例を見た気がしました。小金井第三地区もそんな感じで進むといいなと思います。


  • Re: 文京区のシビックセンター

    >>1匿名さま
      コメントありがとうございました。
      地方自治体は財政、市民サービスの質的向上を目指して努力されております。
      小金井市の同じ状況ですのできっとよい結果が出ると期待いたしております。

      今後ともホームページを見守ってください。



認証コード6191

コメントは管理者の承認後に表示されます。