福祉会館関連議会議事録が公開されました。

行政は、条例の目的を正しく理解し、迅速な判断を下さなければ、健全な公共福祉を司ることは困難)

議会で討議される内容は高度な政治的意味を持っており、一般市民には正しく理解することは困難であると感じます。

行政の管理職にある方が、条例を正しく理解せず、議会において政治的に発言することは、市制を危うくする原因になりかねません。

議会議事録を例をあげますと。

◯まちづくり担当部長 当該建設予定地の隣接の建築物についてでございます。(一部省略)耐震担当といたしましては、当該建築物が耐震改修に至るように支援に努めさせていただきたい、このように考えてございます。

○議員 東京都などの方は耐震改修等ということで建て替えも含めて適切に支援することだと思っていて、小金井市としては耐震改修の支援はするけど、建て替えの支援はしないということなんですか。等が入っていたのか、入っていないのか。さっき、多分入っていなかったと思いますけど。

◯まちづくり担当部長 耐震改修というのは両方含んでいるということで理解をしてございます。

このまま理解すると、小金井市は
東京都の条例に従い特定緊急輸送道路沿道建物耐震化推進条例に基づき作業を行っているマンションに対し耐震改修について指導している。

耐震改修は、耐震補強工事、建替えを意味すると答弁しております。

東京都の条例による耐震改修の定義は、正しくは耐震補強工事を意味しており、建替えは含まない。

東京都が先の条例を検討するに当たり条例の目的を達するためには、耐震診断の結果安全でないと診断された建物の取り扱いに対して、建替え、建物除去も補助金の対象とするために耐震改修等と特定した文言を条例に記載した。

シャトー小金井の耐震改修等に関して、議会に陳情書を提出してきた。この間まちづくり推進課を初め市長は、東京都の条例を正しく理解することなく意見を述べ、誤った指導をしてきた。

行政は、条例の目的を正しく理解し、迅速な判断を下さなければ、健全な公共福祉を司ることは困難で、財政の悪化と共に、市民の満足は得られないと誰でも感じることでしょう。

&Tag: 福祉会館問題
福祉会館問題の関連記事

399

コメント


認証コード6322

コメントは管理者の承認後に表示されます。