ご質問にお答えします


質問

緊急輸送道路沿道建築物とは何ですか?

回答

首都直下地震の切迫性が指摘されている中、震災時において避難、救急消火活動、緊急支援物資の輸送及び復旧復興活動を支える緊急輸送道路を東京都は指定し、その沿道の建築物については倒壊により道路が閉塞されることを防止するため耐震化を推進しています。


質問

沿道建築物の耐震化は、どうすればできますか?

回答

二つの方法があります。ひとつは耐震補強の工事を行うことです。他は建物を建替えることです。


質問

耐震補強工事の補助金を申請するには、どんな条件があるのですか?

回答

耐震補強工事の補助金を受けるためには、建築基準法違反を是正する必要があります。シャトー小金井の場合、建築基準法の違反の多くは、店舗を所有する区分所有者の責任です。店舗部分建築基準法違反の是正がなされない限り、耐震補強工事の補助金は受けられません。


質問

シャトー小金井管理組合法人として、建替えを考えないのですか?

回答

容積率の問題などがあり、今のまま建て替えると、60平米の住戸が20平米と三分の一に縮小してしまい、建替えることは不可能な状態です。こうなるのは、そもそも建設時の経緯が問題だったのです。この問題についてはこちらを参照してください。


質問

隣の市所有地に福祉会館が新設されるとどういう問題が生じるのでしょう?

回答

そもそも震災時に崩壊のリスクあるマンションの隣に福祉会館を建設することは、市民の生命を軽視したやり方です。市は隣のマンションのことはマンションの責任であり関知しない、という態度です。しかし、福祉会館が建設された場合、シャトー小金井は建替えることもできず、耐震補強もできないという状態になる恐れがあります。


質問

隣の市所有地に福祉会館が新設されると、既存の福祉サービスはどうなるのでしょうか?

回答

土地面積が狭いため、従来よりも福祉サービスが縮小されるのではないかと、危惧されています。